アウルの家づくり

Housing

工法

スムーズな組み付けで強靭な構造接合を実現
先進の金物工法

金物接合システム ワウセッター

木材内部に納まる金物で強靭な構造体を組み上げる
一歩進んだ特殊金物接合システム。

  • 通し柱の断面欠損の比較

    木と鉄の絶妙な強度バランス

    板厚2.3mmと薄く軽量な金物でありながら、金物の粘り強い変形により木材への荷重を軽減し、木と鉄が絶妙なバランスで強度を発揮します。

  • 強く美しい構造体仕上がり

    在来軸組工法と比べ、柱の断面欠損が少なく、あらゆる方向からの力に強靭に抵抗する仕口を実現し、その強度が数値化されることで、安心の構造体を作り上げます。梁受金物全体が梁の内部に納まり、スリットが目立たず、あらわしの化粧梁にも適した美しい組み上げが可能です。

  • 近隣や地球環境に配慮した家づくり

    コンパクトな金物を使用しているため、現場搬入のトラック台数を抑えられ、周辺の交通の妨げも少ない施工が可能です。棟上げもスピーディでクレーンの騒音も短時間に抑えられます。
    金物は6価クロムを使用しないZ27クロムフリー鋼板で、環境にやさしい鋼板を採用しています。

接合金物・工法の信頼性

ワウセッター金物は(財)日本住宅・木材技術センターが主催する日本建築物用接合金物認定規定に基づく性能試験に合格し、その強度・性能が実証されています。

広がる設計の自由度、多様なニーズに対応

ワウセッターラインナップの充実は、同時に住まいの自由度を向上させました。間仕切りのない大空間プラン。天井に梁を活かしたデザイン住宅。車2台を並べられるビルトインガレージ。自由な角度で光が差し込む天窓などの自由な天井空間...
これからもニューラインナップの充実により、あらゆる建築条件やお客様のご要望に応じたプランニングを可能にさせてゆきます。

構造用集成材

集成材とムク材の比較

ムク材より1.5倍以上強い理想的な構造用集成材。 JAS(日本農林規格)の強度試験をクリアした構造用集成材を使用。節などを取り除いた原木のよい部分だけを使った構造用集成材は、一般的なムク材の1.5倍以上の強度を実現。過重実験によっても構造用集成材の強度は実証されています。

  • 通し柱の断面欠損の比較

    均一なクオリティ

    板厚2.コンピューター制御により精密に加工される構造用集成材は、ムク材より均質性に優れます。含水率も15%以下で建築後に乾燥、収縮による変形がほとんどありません。新築時の建物性能を長く保つことが可能です。

  • 高い設計応力

    一般木造材で難しい大空間を実現。
    構造用集成材の活躍の場は、何も住宅用だけではありません。たとえば、この写真をご覧ください。このような公共建築にしばしば見られる大空間でさえ実現してしまいます。 このような実績からも、その設計応力の高さは証明済みと言えます。

  • プレカット加工

    端材の量が少なく、環境保護に貢献。
    床や屋根の各パネル、さらには、柱にいたるまでコンピューター制御によるプレカット加工を採用。建築現場における端材の発生が少なく、クリーンで安全な現場づくりと産業廃棄物の低減に貢献します。

Contact

お気軽にお問い合わせください

0800-2000-406 受付時間 9:30~18:00(水曜定休)