アウルホーム 福山市

〒721-0955 福山市新涯町6丁目2-3
フリーダイヤル 0800-2000-406

建築のコトバ 建蔽率と容積率ってな~に?編

同じ広さの土地でも、場所・地域によって建てられる家の大きさって違うのです!! 🙄 

土地ごとに定められている 建ぺい率 と 容積率 について、ザックリとご紹介 😯 

 

まず、建ぺい率は、敷地に対してどれほどお家の面積を建てられるかのことです。

前回、出てきたコトバでいうと、 建築面積の敷地面積に対する割合のことです。

たとえば、建ぺい率が60%の地域では、

100㎡の敷地には、60㎡まで建築できます。(1階部分の面積とほぼ同じ面積=60㎡)

dscn0682

つぎに、容積率とは、敷地に対してどれほどのお家の延床面積が建てられるかのことです。

つまり、敷地面積に対する延床面積の割合のことです。

たとえば、容積率が100%の地域では、

100㎡の敷地には、100㎡まで建築できます。

 

とすると、、(頭の体操しますよ~~)

建ぺい率60%容積率100%場所で、敷地面積が100㎡の土地では

1階と2階の床面積は、、、ざっくりどうなるでしょ~か?

dscn0676

建ぺい率は60%なので、1階部分は60㎡まで建てられます。

容積率は100%なので、1階2階あわせて100㎡まで建てられますので、

2階部分は、100‐60=40 で、 40㎡まで建てられます。

 

もちろん、1階2階を50㎡ずつ建てることもできますね。

 

なんとなく、建ぺい率と容積率の違いについて、ザックリわかっていただけましたか?

写真は、いま造成している、アウルホームの山手の分譲地になります! 💡 

 

作成者:草刈部長 ダイスケ