アウルホーム 福山市

〒721-0955 福山市新涯町6丁目2-3
フリーダイヤル 0800-2000-406

お家を支える土地のはなし

お家ってどうやって作るの? 😮  💡 

最初に地盤を調査します。もちろん、硬い地盤の上に建てることが大切です。

だが!しかし! 👿  👿  👿 

(歴史をふりかえります~) 😎 

昔 福山市は、穴の海と呼ばれた海でした。

いまでも、その名残で地名に津のつく地名が多いですね。

津がつくということは、海のそばであったということです、奈良津、吉津、深津etc

海のそばに、村ができ、土生村、加茂村、道上村、上竹田村、下竹田村、春日村、引野村

中須(いまの府中市)、岩成郷、川南村(神辺)などなど、全部海沿いでした。

堤防を築き、乾燥させて広々と平野を確保したのが福山市の発展を支えたのですね。

芦田川の川面が高かったり、コロナワールドそばの堤防から見ると海より陸地側のほうが低いのはそのためです。

さてさて、歴史的な背景がそうなので、くわしく調査をして、必要に応じた地盤改良工事をしていきます。

0004

 

話が長くなりましたが、

その後に土台となる基礎部分をつくっていきます

コンクリートスラブ、防湿フィルム、割栗石、そして捨てコンクリート

いわゆる べたギソをつくっていきます。

dscn0614

この写真が 捨てコンクリートとフィルムが見えている段階です。

次にキソの立ち上がりがきます。一般に350㎜あげます。

・・・・・

続きはまた今度!

 

作成者:草刈部長 ダイスケ