アウルホーム 福山市

〒721-0955 福山市新涯町6丁目2-3
フリーダイヤル 0800-2000-406

新断熱工法建築現場 1日目

こんにちは。

だいぶ寒くなってきましたね。

暖房は空気が乾燥するし、光熱費がかさむし….でも切ると寒いし….

外出中はともかく、せめて家の中はいつも快適な温度であってほしいですよね。

 

今回は、そんな想いを叶える「高断熱住宅」の建築現場の様子を、数回にわたってお送りしたいと思います。

 

只今第一棟目の、新断熱工法を取り入れた住まいを福山市内で建築中でございます。

屋根・壁・床に105㎜厚のビーズ法ポリスチレンフォーム断熱材が、柱間に隙間なく丁寧に施工されます。

今回現場を見学させて頂いた時は、屋根に断熱材が入っていました。

2階洋室BC方向 (2)

 105㎜厚の厚くたくましい断熱材が、部屋の快適温度を守ってくれそうでね^^

 

 

さて、そもそも断熱材とはどんな働きをするものなのでしょうか。

断熱材には、室内の快適な温度を保ってくれたり、外気温を室内に伝えにくくしてくれる役割があります。

つまり断熱性能を良くすることにより、一日中エアコンに頼らなくても、快適な室内環境を実現できるということです。

もちろん、エアコン代の削減にもつながりますね^^

 

明日の現場はどのようになっているでしょうか。

楽しみです。